まひるの決闘

近所の自転車屋さんでブレーキの修理をしてもらいました。

ゴムがすり減って、ブレーキをかける度に「しゃーしゃー」音を立てていたので。

 

タイヤとブレーキの関係

ブレーキがすり減ってくると、中の金属が出てきて、効きが悪くなります。

お店に行くと、先客が2人。店長の友人で、時々おしゃべりをしにやってくる方達です。

 

「昔の自転車はリム(車輪のゴム下のアルミの部分)は鉄だったんだよね」と、お客さんの1人が言います。

「そうだよ。昔の自転車は車体も鉄だった」と店長。

「それじゃあ、よくサビたんですか?」と自分。

「いやぁ、昔の自転車の方がサビにくかったですね」と店長。

「鉄でできてるのに?」一同。

 

 

なんでも、昔の自転車は、塗装時に一度サビ止めをして色を塗ったんだとか。

今の自転車の多くはサビ止めをしないものも多くあって、車体にそのまま塗料をぬるんだそうです。

耐久性も昔の自転車の方が強く、乗り手のお客さんも「壊れたら買い替え!」というより「先ずは修理をして…」という風だったそうです。

 

自転車が早く壊れて買い替えが起これば、自転車屋さんも儲かるのでしょうが、方や、自転車が好きな人から観て「壊れやすい自転車」が果たしてイイものなのか…

 

全体的に「消費社会」になったコトに大してどう思うのか聞いてみましたら、「まぁ、しょうがないですね」と店長は答えました。

 

 

…と、そんな中、店長は「あれれ?」とうなります。

 

どうやら車輪の軸がズレていたようで、交換したブレーキのパッドが上手くリムにあたらないようです。

 

「こいつは、おれ、オモシロくないよ?」と呟いた店長はいろんな道具を持ってきて奮闘。

3人が見つめる中、黙々と調整していきます。

 

数分後、タイヤは綺麗に回転し、ブレーキもしっかりかかるようになりました。

店長も「よし!」とご満悦。

 

 

そういえば、この間、後輪のタイヤ交換をしていただいた時も、「車体と同じ色になったチェーン(店長の表現。そうなんです、すごくサビて「ガリガリ」言っていたのです)」の1つ1つに丁寧に油をさしてくださって、超快適に乗れるようにしてくれたのでした。

 

「行くと必ず乗り心地が良くなる自転車屋さん」の店長。

ホントに自転車が好きなんだと、思います。

 

真剣勝負

自転車屋さん VS ボクの自転車

 

 

まひるの決闘” への4件のコメント

  1. この挿し絵、とっても好いなあ〜。
    ものがたり的な話を納得させる描写絵として秀逸!
    動きのある情景の纏め方が抜群ですよ。

    赤い自転車を取り巻く人物像の服装の色合いにも舌を巻きます。
    目線が一点に絞られているのが憎い!
    正にアロウ君の真骨頂ですね。

    こうゆう絵に、私は興味が尽きません。
    以前にも評したことがありますが、
    君は平成時代の浮世絵画家として、若手の第一人者ですよ。

    しかし、ウマイなあ〜。 
    映像を写真にしか撮れない私は、心底から感心しきり。
    淡々とした説明文章も好感度いっぱい!

    手放しで褒めちぎりたい心境です。
    観ていると、体中が愉しくなる挿し絵ですよ。
    もっともっと成長過程にある年代を、大切にして下さいね!

    • ありがとうございます。
      この日のコトは、(気持ちよくこげるようになった自転車に乗りながら)帰り道に「ぜひかきたい!」と思ったのでした。
      唯一のネックは自転車の形の難しさ(こんなコトならもっとカンタンな自転車買えば良かった…?)で、ちょっと歪んでいますが、描きたい場面を描けたので、「ま、いっかな!」と…

      その絵をこのように褒めていただいて、とても嬉しいです!
      今、ヨノナカは結講大変なコトになっていますが、それと負けないくらい愉しいコトもあるんですよね。
      このブログではそういう「愉しい部分」をどんどん描いて行きたいと思います!

      • そうそう。「愉しい部分」をドンドン描いて下さい。
        小鳥達が愉しそうにサエズルように。

        「ぜひ描きたい!」という君の気持ちは強いバネなのですね。それが見る人を感動させるのですね。

        それにしても、赤い自転車なんてオッシャレ! 絵の中の赤い自転車が喜んでいるように見えます。描くに当たっての君の苦心を少しも感じさせない出来映えですよ。

        兎に角、絵を描けることは素晴らしいことです。泣く児を黙らすことだって出来るのですから。ガンバレ、アロウ君よ!

      • 「なんだか描いてみたい!」というちょっと楽しい気持ちから、「描かなきゃ…」というプレッシャー、「描く」動機はいろいろですが、「ぜひ描きたい!」という気持ちには敵わないようです。この感覚はホントにすごいパワーをもっているんだ、と最近感じるのです。

        あ、この自転車、実は赤に近いオレンジなんです!購入先の商品名では「マンダリン」とついていた気がします。
        見た目も色もとってもかっこ良かったので、気に入ってはいるのですが、いかんせんハデすぎてスケッチに行くと、時々すごく目立ってしまいます(笑)

        泣く児も黙らせる!いいですね!ガンガン描きます!!ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>