献血とスケッチ

昨日は船橋駅の駅ビルデッキの上でスケッチしました。

ただ、そのままスケッチだけで帰るのはモッタイないので、献血をして帰ることにしました。
デッキの上ではいつも、「献血お願いします」のテープが流れていたり、係の人が寒い中立っていたりするのです。描いている間、いつも後ろで聞こえていたので、今日は時間もありそうだし、よって行こうかな、と…

コンピューターの情報によると7年ぶりの献血でした。
この献血ルームにも来たことはあったと思いましたが、もう随分前のことなので、いろいろと忘れていました。
それだから、変に緊張してしまい、採血前の「はい」「いいえ」で答える健康診断では肝炎を患った経験があることになってしまいました…

年末だけれども来場する方は結講おりまして、予約でいらっしゃる方も多かったです。
帰省前に寄っていく、という風な方もおりました。

担当してくださった看護師さんは、採血中にアキレス腱伸ばしをしていました。
採血完了のブザーが鳴ると「アキレス腱伸ばしてる間に終っちゃった」と、ハスキーボイスで笑います。そして「脚がどうしてもむくんじゃうの」と。
「ずぅっと立ちんぼだから大変ですよね! 看護師さん用のイスとかあると良いですよね」と言いますと、「場所によってはイスがあるところもあるみたいよ。でも、忙しいと立ったり座ったりが面倒だから、これでいいかも」だそうです。

採血後は15分ほど休憩しなくてはいけないので、ロビーで『GANTS』を読みました。
これも随分久しぶりに読むので、以前どこまで読んだのか、すっかり忘れていました。
「ここからだった気がする!」と読み始めましたが、微妙に巻が飛んでいるようで、前の記憶と、読んでいる話の間には、何か大きな事件があったようでした…(でも読んでいる場面にいつの間にか引き込まれてしまい、結局最後まで読みました 笑)

続きが気になりつつも、家に帰って絵を描きたくなったので、「記念品」(?)の紙袋をもらって家路につきました。

紙袋の中身は、果たして献血キャラクターのストラップと、ウェットティッシュ、おせんべいの詰め合わせでした。なかなか美味、描くのも色とりどりでおもしろかったです。

献血の記念品

 

2014.12.30

描いて清書したスケッチはこちら!

*ついでに、一昨日のスケッチも…
2014.12.29

さて、2014年もあと数時間で終わりです。

今年はいろいろな場所に行き、いろいろな人やモノゴトに出会いました。
その結果、ものすごく世界が広がった気がします!
そして、世界が広がると、絵も上手になるようです。
(それは「線がきれいになる」とか「デッサンが上手くなる」というだけではなくて、「描く」ということの、「表現する」ということの、根っこの部分が鍛えられるという感じでした)

そこで「来年は、もっといろいろな場所に出かけて、いろいろなモノを描いていきたい!」と目標を立てるのでした。

2 Comments

  1. 無病息災で過ごせた一年の締めくくりに若い血を献血するなんて、君は見上げた青年です。
    またまた其の上に、記念に貰った御煎餅をスケッチして読者に御裾分けするなんて泣かせますねぇ。自然に近い種類ばかりだし良く描けているので、見ているだけでヨダレが出そう。所で、ちょっとばかり気になったのですが男性をスケッチしないの? 偶には鯔背な兄さん達も描いて下さいな。イケメン若者達の平成版も見たいで〜す。

    1. Boh-Bo より:

      献血ルームでは無用なほど緊張して、結講迷惑な志願者だったと思います(笑)
      おせんべいは純粋に美味しいものでした。3つももらえてホクホクでした!

      男性は清書はしないけれども、一応ちょこっとは描いています…が!
      色付けたりする段階まで気力が及ばないんですねぇ。
      でも! 今年の目標は「いろいろ描く」ですから、ちょっと挑戦してみようかな、と思いました。

Boh-Bo にコメントする コメントをキャンセル